フランス女

アトリエのみなさんは、もしかしたら、フランス人女性に好感を持ってる人って少なかったりして??

彼女ら一般的にとても強い!
私も、よく苛められました・・・。
でも、意地悪なフランス女性って、それだけの人なんだよね。
強くってやさしい素敵なフランス女性も沢山居るはず。

フランスに住むようになってから、フランス人の前では日本人をかばい、日本人の前ではフランス人をかばい、非情に苦しい立場?の私ですが、コウモリ・さちえ思うに・・・。

カンヌの家の近くには夫のブローニュ時代の幼馴染で大親友のマルタン君が奥様のセシルと10歳の双子の子供と住んでます。
勿論、お互の家を招き招かれあってます。
奥様のセシルと私も15年位の付き合いで、夫に子供をあずけ、ショッピングに行ったり、出かけたりする仲。

今回は彼らの家に招かれました。
相変わらず、キビキビ食事の用意をしてくれるセシル・・・・。
a0116174_22304297.jpg

a0116174_22313918.jpg

a0116174_22324277.jpg

まず、お決まりの、アペリティブ
セシル特製のオレンジワイン
これが、きっけん!
私は、フランスに住み始めてすぐ、何度このアペリティブで潰れてしまっただろう・・・。
すきっ腹にアルコールで、足がたたなくなっちゃうのです・・・。
しかし、私もフランス歴○○年。
一昨年、油断して、この甘くって飲みやすくって、おいシーィ、オレンジワインをゴクゴク飲み、・・・・・久々に潰れてしまったんです・・・・。
だから、アペリティブでは、かるーーーーく一杯にする事にしてます。

おつまみは、キノコ類と玉ねぎをクリームでちょっと火を通し、パイ地にクルクル丸めて、オーブンでこんがり焼いたもの。
ちゃっちゃっと!
a0116174_22333316.jpg

ながーーーーーいアペリティブが終わったら、一休み。
まず、子供にお台所でエサを・・・いえ、食事をさせよう・・・。
こうしておいて、さらにながーーーーい夜は続くのでする・・・。
a0116174_22352415.jpg

a0116174_22365665.jpg

前菜には、バケッドにオリーブオイルをぬり、その上にやぎチーズをのせ、ちょっと蜂蜜をかけたトーストを、くるみ入りのサラダといただきました。
a0116174_22381338.jpg

も、もしや!
セシル!そんそれは、クスクスでは?????
職人さんに先日お出しして、しかも、家にはお釜いっぱにあまってるクスクスですね????
まあ、よそんちのクスクスは味が全然違って、また美味しいのだけどね!
a0116174_2240239.jpg

こちらのクスクスはお上品にお野菜が小さく切ってあった。
でも、お肉がどっかーんとでてきました。
さらに、チーーーズの盛り合わせを頂き・・・最後にデザート.
あれ???
ケーキは焼いて、冷ましておくものじゃないの?
いえいえ、セシル!ここからが凄かった!
a0116174_2241215.jpg

林檎をむき始めた。
えーーー、デザートは林檎だけ???
いえ、いえ、鉄板にバターと砂糖をいれ、そこにむいた林檎を並べ・・・
a0116174_2242979.jpg

市販のパイ地をのせ、オーブンレンジで、ちーーーーーーん!
a0116174_2242553.jpg

焼く時間も込みで20分位????
a0116174_22435573.jpg

あっつあっつで美味しかったよ!
でも、私はあまりのスピードに笑いが止まらなかった!
なじぇ?そんなに笑うの?さちえ?と聞かれたけど、あなたのその知恵にはワタクシ降参です。
a0116174_2244284.jpg

仕事もして、怪獣の双子を育て、でもって家の中はいつもピッチリ!
はい、私片付けの上手な人って無条件で尊敬しちゃうんです。
a0116174_22451569.jpg

その間、ガキ・・・・いえいえ、お子様はお子様同士、大いに盛り上がってるご様子。
いやーーー、ながいデイナーでした。
美味しかったよん。
ちなみに彼女180センチの長身。
ご主人2メートル
高い所から2人で、にっこりいつも迎えてくれます・・・・
a0116174_22455792.jpg

[PR]
by la_pichoune | 2009-11-05 17:37 | 休暇
<< Création et Sav... 休暇の過ごし方 >>